スマートフォン版へ

【シルクロードS展望】高松宮記念への重要ステップ、逃げて勝つのは難しい

  • 2023年01月25日(水) 06時00分
 昨年のナランフレグ、20年のモズスーパーフレア、18年のファインニードル、17年のセイウンコウセイ、16年のビッグアーサーと、過去10年で5頭がこのレースを経由して高松宮記念を制している。冬場のハンデGIIIながら、春のGIを占う上で重要な一戦。

1.逃げて勝つのは難しい

 コース改修以降に行われた中京芝1200mの古馬オープン32レース中、逃げての1着は20年高松宮記念モズスーパーフレアだけ。これに関しても、繰り上がりでの1着だった。直線が長いだけに逃げて押し切るのは容易ではなく、終いの脚が要求されやすい。

2.馬格のある馬が強い

 コース改修以降に行われた中京芝1200m古馬オープンの成績を、馬体重別で見てみると、440〜459kgは連対率6.2%、460〜479kgは連対率10.3%なのに対し、480〜499kgは連対率15.6%、500〜519kgは連対率15.1%、520〜539kgは連対率14.3%。

3.間隔が詰まっていると苦戦

 過去10回で、年明けに一度使われていた馬は[1-4-4-61]で複勝率12.9%と苦戦。複勝回収率も59%と目立たず、休み明けの馬を中心に考えるのが良さそう。

 グルーヴィットは前走のタンザナイトSで3年5か月ぶりの勝利。元々GIクラスと目されていた素質馬がついに復活ののろしを上げた。2019年の中京記念を勝つなど中京の芝には適性を見せており、久々の重賞でも期待できそうだ。

みんなのコメント

ニュースコメントを表示するには、『コメント非表示』のチェックを外してください。

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 『コメント非表示』にチェックを入れると、すべてのニュース記事においてコメント欄が非表示となります。
  • ※チェックを外すと再びコメント欄を見ることができます。
    ※ブラウザを切り替えた際に設定が引き継がれない場合がございます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す